学校紹介

学校長挨拶

 

学校の様子

2017年度
2018年度
2019年度

 

いじめ防止

畝東小基本方針

 

学校だより

詳しい学校の様子はこのホームページでご覧ください!

 

給食・保健だより

手足口病予防

新型ノロウィルス

 

楽しいPTA活動

PTA活動

 

学校・地域連携

ボランティア登録

 

お便りはこちらへ

奈良県橿原市立
畝傍東小学校

〒634-0044
橿原市大軽町283
unehiga@mahoroba.ne.jp
TEL:0744-27-6729
FAX:0744-27-9493

2/13(木) 3年生橿原警察署より、4名のゲストティーチャーに来ていただきました。

 2月10日(月)に橿原警察署より4名の方々に来ていただき、警察の仕事について教えていただきました。
今までは警察と消防の仕事については、4年生で学習していましたが、今年の4月から新学習指導要領が小学校で完全実施されることにより、その移行措置として、今年度(2019年度)は3年生と4年生の両方で学習することになっています。 
2学期の4年生に続いて、この日は3年生が警察の仕事について学習してくれました。最初の授業では、おまわりさんが人の命を守るために身につけている装備について、一つ一つ見せていただきながら説明を受けたり、実際にパトカーの中に乗せてもらって説明を受けたりしながら学習しました。
次の時間では、かしのみ教室に移動して、橿原警察署にはどのような課があるのか説明してもらい、その後にみんなからの質問に答えていただきました。

2/11(火) 1年生「昔遊び体験」・・・地域の14名のゲストティーチャーに教えていただき、お手玉・あやとり・おはじき・こま回しの体験をしました。

 2月6日(木)に1年生が「昔遊び体験」をしてくれました。毎年この時期に実施しているわけですが、今年も地域から14名のみなさんに来ていただきました。
まずはじめに、かしの実教室で、いろんな昔遊びを紹介していただいた後、1年生の各クラスに分かれて、全員が、お手玉、あやとり、おはじき、こま回しの体験をしました。毎年のように子どもたちが苦戦してるのは、こま回しです。初めてこま回しを体験する子どもも多く、こまに紐を巻き付ける強弱で悩んだり、投げるコツが分からなかったりしながらも、何とかしてこまを回そうと一生懸命取り組んでくれていました。
地域の方々と楽しそうに交流する姿を見ていますと、温かい優しい気持ちになります。出来なかったことが出来るようになったとき、満面の笑みで喜んでくれていました。
お忙しい中、子どもたちのためにお越しいただきました地域の皆さま、本当にありがとうございました。

2/10(月) 3年 ゲストティーチャー「鞄工房・山本」・・・「命の尊さを学ぶ」学習として、生き物の命を大切にするとはどのようなことなのかを学びました。

 1月31日(金)に、鞄工房山本さんより4名のみなさんが出前授業に来てくださいました。山本工房さんに来ていただくのは、今年で3年目です。
まず、ビデオでランドセルがどのようにして作ら
れているのかを見た後、実際に牛革の原皮を見せていただきながら詳しく作り方を教えていただきました。
3年生では、「命の尊さを学ぶ」学習の一環として、「きみの家にも牛がいる」の学習をおこないました。牛は「鳴き声」以外捨てるところがないといわれるほど、牛を原料としたものが、牛乳や牛肉の他にも革製品や肥料など、日常生活の様々なところで使われています。牛から生み出された様々なものが、私たちの生活の中で役立っていることや、生き物の命を大切にするとはどのようなことなのかについて学習してきました。

2/1(土) あすチャレ! ジュニアアカデミー(出前授業)で学びました。-3年生-


 1月22日(水)に、「あすチャレ!ジュニアアカデミー」が開催され、日本財団パラリンピックサポートセンタ
ーより、講師の原口 淳さんとサポートスタッフの富岡さん、広瀬さんに来ていただき、共生社会を考える出前授業を行っていただきました。
パラアスリートの原口さんより、自分の経験談やパラスポーツに関することを聞かせていただいた後、簡単なゲームを通して視覚障がい者体験を行い、コミュニケーションの大切さを学び、障がいのある人もない人も、違いを受け入れてみんなが支え合える、よりよい社会を作るためにどのようなことが大切なことかを学んでくれました。

「新年あけましておめでとうございます」謹んで新年のお慶びを申し上げます。
 わが国では、昔からお正月にはおせち料理を食べる風習があります。また、雑煮も欠かせないものです。この雑煮は地域によってつゆが、白味噌であったり、合わせ味噌であったり、澄ましであったりと様々です。また、雑煮に入れるお餅の形も、西日本では丸餅が多く、東日本では角餅が多いなど地域のよって違います。そこにはいろいろな願いや意味が込められているそうです。
 本校では、子どもたちが食に関する正しい知識と望ましい食習慣(朝食欠食を無くす等)を身に付けることができるよう食育に取り組んでいます。特に今年度は、文部科学省の「つながる食育事業」のモデル校に決定し、様々な体験学習等に取り組んできました。本年も保護者の方々・地域の方々とともに力を合わせて、食育を含めた日々の教育活動に取り組んで参りたいと思っております。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

1/17(金) 第2回「きらめき集会」・・・いろいろな人たちと出会い、多くの視点から学んだ1、3、6年生の発表でした。

 昨年の12月5日(木)に、1学期に続いて、今年度2回目のきらめき集会が行われました。今回は、1年生と3年生と6年生のみなさんが、自分たちが学習したことをもとに発表してくれました。

<1年生の発表・・・「ええやん そのままで」>
 1年生は、道徳の時間に「ええやん そのままで」という本を使って、いろんなことを考えてみました。「ええやん」という言葉には、いろんな意味があって、「それっていいね。」とか「別に気にしなくていいんじゃない。」などのすてきな意味を持つ言葉です。
いろんな人、いろんなものに対して「ええやん。」と認めていける言葉。そんな言葉だということをみんなで考えてくれました。人とは違うところを「ええやん。」と認めていけたなら、この世界はどんなに優しくなれるでしょうか。そのことをメッセージで発表してくれました。
<3年生の発表・・・「みんなで考えよう!バリアフリー!」>
 3年生は、2学期の総合的な学習の時間に「バリアフリー」について学習しました。
学習では、車椅子や白杖の体験をしたり、岩本さんと盲導犬と出会わせてもらって話を聞いたりしてくれました。その学習を通して、身近な友達のことについて考えてくれたことや自分たちがこれからどのように過ごしていくべきかを考え発表してくれました。
<6年生の発表・・・「平和学習の報告会」>
 6年生は、10月17日、18日と広島へ修学旅行に行ってきました。そして、原爆資料館を見学したり現地の方とお話ししたりして、平和の大切さについて考えてくれました。また、学校では、資料や絵本
、歌などを通して戦争について学んでくれました。
原爆の被害を受けたものに触れたり、話しを聞いたりする中で、6年生の皆さんが感じた思いを発表してくれました。そして、平和のために何ができるのかをみなさんに訴えてくれました。






今日の天気情報

橿原市の天気 
奈良県の警報 

 

主な行事予定

年間行事予定

 

おいしい給食


中華丼、豆かりんとう、ポンカン、麦ご飯、牛乳


 

リンク

図書ボランティア

 

その他

ホームページ運用規則